韓国ドラマでは夕食後の団らんにいつもみんな果物を食べている

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ドラマによく出てくる夕食後の団らん……飲み物のお茶菓子としてかならず果物が出ています。日本だったらケーキかクッキーが多いのでは……。また、お酒のツマミとしても果物がよく出てきます。その理由は?

野菜消費量は日本の1・6倍

韓国の人は本当に野菜や果物が大好きです。
韓国料理というと焼肉のイメージが非常に強いのですが、実はその真髄は野菜にあります。韓国の普通の家庭で夕食に招待されると、食卓に並べられないくらいの料理が出ますが、多くは野菜料理です。
野菜の調理方法がこんなにあるのか、と感心するほどです。様々な野菜を蒸し、ゆがき、炒め、和えて美味しい料理に仕上げます。




韓国の農村経済研究院の調査によると、韓国人の年間1人あたりの野菜消費量は約200キロで世界で最も多いと言われています。
ちなみに、この量は日本の1・6倍くらいです。
この数字を見ても、韓国は焼肉より野菜料理の国であることがよくわかるでしょう。
(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る