韓国ドラマで水道水を飲む場面がまったくない理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

よく見ていればわかります。韓国ドラマでは、水道水を飲むシーンがありません。たいてい、登場人物はミネラルウォーターを飲んでいます。韓国の水道事情はどうなっているのでしょうか。




水道管の老朽化

韓国の人たちは、水道水に対して不信感を持っているようです。
実際、水道水を飲用として利用している人は1%以下と極めて低いのです。
逆に、水道水をまったく口に含んだことがない人は、なんと20%にのぼるという統計もあります。
実は韓国ではかつて、水道管が老朽化しているのにもかかわらず放置され、感染症などを引き起こしたことがあります。
これは深刻な社会問題になりました。
この状況に危機感をつのらせた政府は、巨額の予算をつぎこんで、全国の水道管の改善に取り組みました。
たしかに、成果がありました。
今では水道水を平気で飲む人も見かけます。




しかし、多くの人々は昔のイメージが抜けないのです。
それほど、水道管の老朽化の影響は大きかったといえるでしょう。
その結果、多くの人は、いまだに水道水を飲むことを敬遠しています。
(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る