『トッケビ』に主演したコン・ユにとって「最良の年」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

種をまいて水をやる時期

韓国には才能豊かな俳優がたくさんいるが、同じ年に映画とドラマで大成功した例は極めて少ないのではないか。
そういう意味では、2016年のコン・ユは、まさに俳優として最高のキャリアを築いたと言える。
これほどの成功を収めても、常に謙虚でいるのがコン・ユの真骨頂である。彼は、決して浮つかない。




なぜならば、俳優として苦労した時期が長かったからである。
そうした日の当たらないときにも、コン・ユは自分自身を深く見つめ、俳優として何が必要なのかを考え続けていた。
それはまさに、種をまいて根気よく水をやる時期だった。そして、花開いたのが『コーヒープリンス1号店』での主役だった。
(ページ3に続く)

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

『トッケビ』のコン・ユ&キム・ゴウンの主役カップルに拍手!

コン・ユ主演の『トッケビ』が韓国ドラマの本流を作る幸せ!

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る