BIGBANGのV.Iの兵役問題はどうなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

BIGBANGのV.I(ヴィアイ)の兵役問題が関心を集めている。すでに他のメンバーは兵役に入っており、残ったのは末っ子のV.Iだけとなった。彼の兵役問題について考えてみよう。

BIGBANGのV.Iのソロツアーを報じる2018年8月13日付けの「日刊スポーツ」




兵役に関する年齢問題

韓国の兵役は、正当な理由があれば30歳まで入隊を延期することができる。
この場合の年齢の数え方は独特である。
実際には「現在年-出生年」という年齢が、その年の1月1日から12月31日まで適用される。
たとえば、1988年生まれであれば、「2018年-1988年=30歳」となって、誕生日に関係なく2018年は兵役年齢が30歳となる。よって、どんな理由があろうとも今年中に入隊しなければならない。この場合、誕生日はまったく計算に入っていないことを頭に入れておこう。




V.Iは1990年12月12日生まれなので、先ほどの計算式を当てはめると「2018年-1990年」となる。
つまり、2018年は兵役では28歳という扱いになっている。30歳までにはまだ時間があるので、兵役を延期することも可能である。(ページ2に続く)

BIGBANGの3人はなぜ最前線の部隊に行ったのか

イギジャ部隊(第27師団)はどんな部隊?D-LITEが入隊!

青星部隊(第6師団)はどんな部隊なのか?

白骨部隊(第3師団)はどんな部隊なのか?

BIGBANGの3人が前線部隊で注意すべきことは?

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る