2万2千対90!日韓で老舗の数がこれだけ違う理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「朝鮮日報」の記事によると、韓国で100年以上続けて営業している老舗はわずか90しかないという。その一方で、日本では100年以上続く老舗が2万2千以上もあるそうだ。なぜ、日韓でこれだけの違いが出たのか。

浅草には創業が古い老舗が多い

老舗が多い日本

日本は2万2千で、韓国はわずか90。
老舗の数があまりにも違いすぎる。
ここまで韓国が少ないのは、韓国社会の風潮が影響している。
たとえば、日本の観光地をのんびり歩いていると、街の至る所で創業から100年以上が経った老舗を見ることができる。
食堂であれば、店舗の目立つところに「創業○○年」といった形で、江戸時代から続いていることを誇示するような表示もよく見られる。




かくのごとく、日本では先祖から子孫まで代々家業を継ぐ店が多い。それは、商売の伝統を受け継ぐ大切さが日本社会に浸透しているからだ。
一方の韓国では、100年以上も続いている店舗は全国でわずか90カ所しかないという。日本から見れば、本当にビックリするほど少ない数字だ。
その理由は明らかだ。(ページ2に続く)

韓国女性の生き方〔第1回〕

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る