現代韓国の問題点/韓国の今を考える1

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国は今、激変期と言えるでしょう。1953年に朝鮮戦争が終わってから、韓国はとにかく国を豊かにすることだけを目指して走り続けました。その結果、他の国と比べものにならないほど速いスピードで経済的な発展を遂げたのです。しかし、経済発展重視の姿勢は社会的な問題を残しました。冨と権力が一部に集まりすぎたのです。

4rAjnL0DfjMpKSZ1499910021_1499910051

閉塞的なコネクション

どの社会でも財力と権力を多く持っている上位階級というものはありますが、韓国の場合はその進行速度や程度が片寄りすぎました。経済発展だけに目を取られていて、富の再分配、権力の牽制のための社会システム、それらに対する問題意識を備える時間と余裕が持てなかったのです。
その間、富と権力を持った人たちは閉塞的な自分たちだけのコネクションを作り上げました。地縁、学縁、血縁、そして婚姻関係で作られたそのコネクションは彼らが持っている富と権力を巨大なものにしました。




たとえば、サムスン、ヒュンダイ、LG、ロッテといった韓国の代表的な財閥はみんな親戚同然です。婚姻関係が強固だからです。
その婚姻関係には、歴代大統領を初めとした有力政治家や、「朝鮮日報」「東亜日報」「中央日報」といった韓国3大新聞社が入り込んでいます。彼らは金と力、世論を自由に操り、韓国社会を意のままにしてきました。(ページ2に続く)

韓国の芸能界はこうなっている!「俳優はつらいよ」編

韓国で芸能界をめざすのはハードルが高すぎる

日本で平昌(ピョンチャン)五輪が絶対に盛り上がる4つの根拠!

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る