東方神起ユンホの除隊で何が見えてきたか(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

4月20日の午前に第26師団を除隊した東方神起のユンホ。21カ月も待ったファンの歓声が響きわたった。その除隊の様子から見えてきたものは何なのか。本サイトにユンホに関連した記事を書いている「M.TAKAHATA」と「康熙奉(カン・ヒボン)」が話し合った。

10321492726520840

肩の荷が下りた感じ

康熙奉(以下、Kと表記)「除隊の挨拶のときは、世界各国からファンが来ていましたが、やはりファン気質は国によって違いますか」
M.TAKAHATA(以下、Tと表記)「国によってある程度雰囲気は違うと思います。でも、『どの国のファンか?』というより年齢層で違ったり、最終的には個人の性格になると思います。熱心に応援する姿は同じだと感じます」
K「ファンの前に現れたユンホはスリムになっていました」




T「確かに身体が薄くなっていましたね(笑)」
K「除隊に、向けて準備をしていたんでしょうね」
T「兵役中は厳しい訓練に耐えられるようにしっかりからだを鍛え、除隊が近くなってからは、からだを絞っていったんだと思います」
K「表情もおだやかでした」
T「ええ。ずいぶんリラックスして見えました。背負っていた肩の荷が下りたような、晴れ晴れとしたものを感じました。やり遂げた思いがあったのでしょう」(ページ2に続く)

東方神起ユンホの「堂々たる除隊」

東方神起ユンホが兵役で悩む若者に勇気を与えた

韓国メディアは東方神起ユンホの除隊をどう伝えたか

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る