イ・スンギ!精悍さとパワーを増して4年ぶりに日本に戻ってきた

このエントリーをはてなブックマークに追加

©FRAU INTERNATIONAL

胸キュン・シーンを再現

日本語で受け答えすることが多く、その実力もかなり上達している。入隊中もテレビやファンからの手紙などを見ながら日本語を勉強していたという。厳しい兵役生活の中でも将来に備えて語学に励むところはさすがだ。
韓国では今年、映画「ときめき♡プリンセス婚活記」(原題:宮合)が公開されたが、日本でも12月の公開が決定。




その日本版予告編も上映されて期待を高めた。
さらに、除隊後の復帰作となったドラマ『花遊記』に関するコーナでは、抽選で選ばれたファンと一緒に劇中の「胸キュン・シーン」を再現した。このときばかりは、場内のファンから悲鳴すらあがっていた。(ページ3に続く)

イ・スンギは兵役中も誠実なナイスガイ!

検証!イ・スンギ主演『花遊記』の放送事故

『花遊記』問題!ドラマの放送事故がなくならない理由

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る