東方神起ユンホは「人の心を読める超能力者」をどう演じるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ユンホは兵役からの復帰作として『メロホリック』に主演する。このドラマで彼は、人の心を読むことができる超能力者を演じることになった。この世にいないタイプを演じるというのは、とても難しいことだが、果たしてユンホはどんな超能力者になりきるのだろうか。

530oobffUWhnAmLAYe1496101525_1496101576

 

果敢なチャレンジ

ユンホは兵役前に宣言したとおり、怪物になって芸能界に戻ってきた。
その怪物が本領を発揮するのは、ステージであれドラマであれ、「今まで見たことがないユンホ」を見せることに尽きるだろう。
簡単なことではない。ファンには常に安定志向があるからだ。もっとわかりやすく言えば、ファンには「いつものユンホ」を見ていたい、という願望がある。そのほうが身近に感じられて安心なのだ。




しかし、絶大な人気を誇るアーティストとなれば、いつも同じことをするわけにはいかない。ましてや怪物だ。常人の想像を超えたところで輝いてほしい。
そういう意味でも、『メロホリック』で演じる超能力者というのは期待できる。役柄からして、「いつもと違うユンホ」が見られるはずだ。
まさに、果敢なチャレンジなのだ。(ページ2に続く)

東方神起のユンホ!復帰作に『メロホリック』を選んだ理由は?

東方神起ユンホの新作『メロホリック』を演出するソン・ヒョヌクPDとは?

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る