サムスンはいかにして「世界のブランド」になったのか(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

1997年の経済危機を克服したサムスン電子。5年後の2002年の決算は、世界を驚かせる黒字幅となった。前年と比べて売上高を25%も伸ばして、総額で40兆5115億ウォン(約4兆512億円)に達していた。

時代は変わる

「世界的にIT事業が不振に陥る中で、信じられない数字だ」
アメリカや日本の同業者が驚くのも無理はなかった。サムスン電子の2002年の純利益は前年の2・4倍に達する7兆518億ウォン(7052億円)で、世界有数の企業も太刀打ちできない高収益をあげたのである。




サムスン電子の主要部門は、半導体、情報通信、デジタルメディア、生活家電だが、すべての部門で安定的な黒字を計上し、磐石の企業体質を示した。この中でも、半導体と携帯電話の収益率が凄まじかった。
かつて半導体分野で世界を席巻した日本の名だたる企業が、そのお家芸からの撤退や縮小の憂き目を見た。そんな状況にもかぎらず、半導体部門でサムスンは突出した収益をあげた。
まさに「時代は変わる」である。(ページ2に続く)

サムスンはいかにして「世界のブランド」になったのか(前編)

日韓外交の転換点!重要な条約・合意を振り返る

日韓政治問題に翻弄されない「頼もしき韓流」

韓国社会における「対立」の構造について

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る