サムスンはいかにして「世界のブランド」になったのか(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

半導体と携帯電話で巨額の収益をあげるサムスンは、今や世界の「10大ブランド」に数えられるほどの巨大企業だ。このサムスンが飛躍的に伸びた理由はどこにあったのだろうか。

1200本以上の映画

1953年、韓国から日本に留学してきたその少年は、学校が終わると毎日一目散に映画館に駆け込んだ。
そして、そのまま上映が終わるまで映画館で過ごすことを日課にしていた。学校が休みの日曜日なら、朝から晩まで映画館で過ごした。
そんな日常を過ごすうち、わずかな間に見た映画はゆうに1200本以上にのぼった。まだ小学5年生。当時は日本でも映画が最大の娯楽だったが、これほどの本数を見た人間は、おそらく少年の他には1人もいなかっただろう。




なぜ、少年は映画館に籠もったのか。そこには悲しい事情があった。
実は少年は日本で多くの差別を受け、心が鬱屈していたのだ。
しかし、映画館の暗がりにいるときだけは、誰からも冷たい目で見られなかった。別に、映画が特別好きだったわけではない。でも、映画館の中は自分の身分を隠すのに絶好の場所で居心地がよかった。(ページ2に続く)

日韓外交の転換点!重要な条約・合意を振り返る

日韓政治問題に翻弄されない「頼もしき韓流」

韓国社会における「対立」の構造について

〔総集編〕韓国はなぜ日本の植民地になったのか

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る