『オクニョ』に出てくる茶母(タモ)とは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

花形の存在

やはり、男性だけで捜査を進めようとすると、おのずから限界があった。そこで、男性の捜査官を補助する女性が必要になってきた。
その助手の役を茶母が引き受けることが多くなり、やがて茶母は女性刑事の代名詞にもなっていった。
彼女たちは「女の世界」に飛び込み、女性ならではの勘を働かせて容疑者たちを取り調べていった。




これは、男性の捜査官では絶対にできないことであった。
朝鮮王朝時代には、女性の専門職というのはほとんどなかった。それだけに、茶母にあこがれる女性も多かった。
いわば、茶母は花形の存在だった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

『オクニョ』の実在した登場人物は実際にどんな人だった?

『オクニョ』に登場する「典獄署(チョノクソ)」とは何か?

『オクニョ』を楽しく見るための歴史解説!

文定王后とは誰なのか?『オクニョ 運命の女(ひと)』の登場人物(前編)

ページ:
1 2

3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る