韓国はなぜ分断国家になったのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

2つの政府

単独選挙には南朝鮮でも反対が多く、4月3日には済州島(チェジュド)で武装蜂起が発生し、多くの島民が虐殺されてしまった。これが「4・3事件」である。
さらに、独立運動の闘士で人望があつかった金九(キム・グ)も「朝鮮半島南部だけで選挙を行なうことは分断の固定化を招く」と考え、統一した政府の樹立に尽力した。北朝鮮にまで出向いたのだが、結局は失敗に終わり、後に金九は暗殺されてしまった。




国連の監視下で、1948年5月10日に朝鮮半島南部だけで総選挙が行なわれた。その結果を受けて国会が開かれ、憲法を制定する作業が進み、「親米」「反共」を鮮明にしていた李承晩が大統領に選出された。そして、1948年8月15日に大韓民国の樹立が宣言された。
記念式典の演説で李承晩はソ連を強く非難した。
大韓民国の成立を受けて、北朝鮮も素早く動いた。
金日成を首相とする朝鮮民主主義人民共和国が9月9日に成立した。
金日成は大韓民国の成立を激しく罵倒して、祖国統一を第一の目標にすることを宣言した。
こうして朝鮮半島は、お互いに正統性を主張する2つの政府によって分断された。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化・社会や、日韓交流の歴史を描いた著作が多い。韓国の兵役も長く取材している。主な著書は『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』『韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』など。

〔総集編〕韓国はなぜ日本の植民地になったのか

韓国はなぜ日本の植民地になったのか(前編)

韓国は日本の植民地時代をどう生きたのか(前編)

映画『1987』が描いた「6月民主抗争」とは何か

日韓の二千年の歴史1/海を渡る人々

日本のコリアを行く(埼玉・高麗編1)

ページ:
1 2 3

4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る