『王女の男』の制作陣が語るパク・シフの魅力!

このエントリーをはてなブックマークに追加

惚れ惚れする俳優

さらに、責任プロデューサーのチェ・ジヨン氏が語る。
「パク・シフは苦労したと思いますよ。撮影中は真夏なのに、風もよく通らない生地で作った伝統衣裳を何枚も重ねて着て演技をしなければならなかったのです。しかも、じっと座ってする演技ではなく、ずっと山や野を走り回っていました。私は『本当に苦労が多いね』とねぎらいました」




続いて、パク・シフについて語るのは、監督のキム・ジョンミン氏である。
「キャスティングにおいてパク・シフは、率直に言えば最優先候補ではなかったですね。最終的にパク・シフに決まったのは、彼が『イルジメ(一枝梅)』で素敵な姿を見せてくれたからです」
「『イルジメ(一枝梅)』では、特にアクションが良かったですね。手足が長くて、アクションがすごく格好よく見えました。彼は、女性にモテます。視聴者のみなさんが惚れ惚れするような男優です。そんな部分も考慮しました」(ページ3に続く)

パク・シフの心意気!全身でステージに向かう姿にウットリ

渾身の公演レポート!「パク・シフ主演ドラマ・フェス!大感謝祭ツアー」

韓国で最強のドラマ放送枠!KBSの週末ドラマ

『名もなき英雄』の見どころはココ!

ページ:
1

2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る