『名もなき英雄』の見どころはココ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『王女の男』でダークな魅力が満載のパク・シフでしたが、『名もなき英雄<ヒーロー>』(以下、『名もなき英雄』と表記)では、クールな中にも温かさを兼ね備えた元スパイを演じています。もちろん、元スパイと聞いただけで、パク・シフの鍛え上げられた肉体と華麗なるアクションシーンが容易に想像できます。

f130964552290193459(0)

 

復讐のために悪に立ち向かう

『名もなき英雄』は、元中央情報局秘密要員であるペク・シユン(パク・シフ)が、後輩の無念の死の復讐のために悪に立ち向かう姿を描いた作品です。
スパイもの、アクションものは私にとっては少々苦手分野だったので、見る前はあまり期待をしていませんでした。




それでも、パク・シフが『清潭洞(チョンダムドン)のアリス』以来3年ぶりの満を持して主演したドラマということで、“これは、おもしろくないわけがない”と勝手な直感が働きました。
韓国ではあまり視聴率がふるわないドラマでしたが、視聴率というのはその時の放送環境によって随分左右されるものですし、それを証明してくれたのがこのドラマではないかと思います。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る