渾身の公演レポート!「パク・シフ主演ドラマ・フェス!大感謝祭ツアー」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

人気俳優のパク・シフが、6月15日に東京ドームシティホールでイベントを行なった。公演のタイトルは「パク・シフ主演ドラマ・フェス!大感謝祭ツアー」。昼と夜の2回行なわれたが、今回は昼公演の様子をレポートしよう。

©MENTOR Co., Ltd

©MENTOR Co., Ltd

熱気に包まれた会場

イベントの開始と同時にパク・シフがステージに登場すると、会場に「待ってました」と言わんばかりにファンの歓声が響き渡り、場内は一瞬で熱気に包まれた。パク・シフもその歓声に手を振って応えた。さらに、ファンに「みなさん、こんなにたくさん来てくださって、本当にありがとうございます。そして、いつも応援ありがとうございます。今日は、みなさんとたくさん思い出を作って帰っていきたいなと思っています」と挨拶した。




東京の前に福岡や大阪でイベントを行なっていた彼は、イベントの合間に日本を満喫していた様で、「大阪公演の後、ちょっと休まれましたか?」という質問に、彼は「公演の後、その側にある有馬温泉に行きまして、そこで充電してきました」と答えた。
パク・シフの人気は絶大で、彼が何か行動するだけでファンは歓声を上げたり、手を振ったりする。そのファンの様子を見て、パク・シフはとてもうれしそうだった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る