『王女の男』の制作陣が語るパク・シフの魅力!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『王女の男』は韓国時代劇の歴史を彩る傑作である。特に、主役のキム・スンユを演じたパク・シフの演技力が大きかった。責任プロデューサーとして制作を統括したチェ・ジヨン氏と、監督として演出を担当したキム・ジョンミン氏は、パク・シフの魅力について次のように語っている。

彼以外は考えられない

『王女の男』では、男女の主人公が非常に複合的なキャラクターとなっていたが、特にキム・スンユの場合は、愛を持続しながら復讐に燃えるという難しい役柄だった。それだけ、キム・スンユを演じる俳優には演技力が求められた。
白羽の矢が立ったパク・シフ。彼は見事に期待に応えたが、どのようにキャスティングされたのだろうか。




責任プロデューサーのチェ・ジヨン氏は次のように語っている。
「パク・シフは現代劇で高い評価を受けていましたが、果たして伝統衣裳を着たときに視聴者がどんな印象を受けるかが私たちもよくわかりませんでした。本人もその部分については期待半分、不安半分だったようです。いざ撮影して編集をしてみると、そんな憂慮がなくなりました。放送回数を重ねるたびに同化されていったと言いましょうか。終わってみれば、『王女の男』のキム・スンユはパク・シフ以外には考えられないでしょう。キャスティングが成功しました」(ページ2に続く)

パク・シフの心意気!全身でステージに向かう姿にウットリ

渾身の公演レポート!「パク・シフ主演ドラマ・フェス!大感謝祭ツアー」

韓国で最強のドラマ放送枠!KBSの週末ドラマ

『名もなき英雄』の見どころはココ!

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]

●兵役

・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識

●雲が描いた月明り

●平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

ページ上部へ戻る