長女誕生で2児の父となったペ・ヨンジュンの家族愛は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

4月10日、ペ・ヨンジュンの妻のパク・スジンが第二子となる長女を出産した。彼女は2016年10月に第一子となる長男を産んでいるので、ペ・ヨンジュンは2児の父となった。韓流のトップスターになってから常に家族への愛を語っていたペ・ヨンジュン。彼の究極の家族愛とは何か。

ファンは「家族」

ペ・ヨンジュンという俳優の歩みを振り返ると、彼が本当によく口にした言葉が「家族」であった。
何よりも、ペ・ヨンジュンはファンのことを常に「家族」と呼んでいた。その真意を具体的な言葉でこう説明した。




「もちろん俳優とファンの間の出会いですが、いつも変わらぬ信頼を寄せてくださる方々の愛情を感じて、私も大事なものを差し上げたかったのです。それで、家族と呼ぶようになりました」
「ファンの方々は、何が起こっても何の条件もなく私を信じてくれます。そこまでしてくれるのは家族しかいないじゃありませんか。ファンの方々も私を家族だと思ってくれるでしょう」
ペ・ヨンジュンの説明は明快だ。(ページ2に続く)

父親になったペ・ヨンジュンの今後は?

ペ・ヨンジュンが示す「子供への無限の愛」

ドラマがもっと面白くなる撮影エピソード1『冬のソナタ』編

平昌(ピョンチャン)は冬ソナの名場面の宝庫!

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る