パク・ボゴムは翼善冠(イクソングァン)が本当によく似合う

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『雲が描いた月明り』で世子(セジャ)のイ・ヨンを演じたパク・ボゴム。ドラマでの韓服姿は見事だったが、同じように似合っていたのが冠だ。特に、国王や世子がかぶるという翼善冠(イクソングァン)がピッタリだった。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより

翼善冠の変化

朝鮮王朝時代の人々は、身分に応じて衣装が厳格に定められていた。
同じように、冠や帽子は身分を的確にあらわす重要なものだった。それだけに、身分の高い人ほど頭にかぶるものに気をつかった。
逆に言えば、高貴なお方が冠をつけないのは無礼とされた。その考え方は室内でも適用されるので、朝鮮王朝時代に身分の高い人は部屋で食事をするときでも冠をはずさなかった。それは、韓国時代劇でよく描かれていた通りだ。




高貴なお方の代表といえば、やはり国王や世子。彼らが普通の執務をするときにかぶっていた冠が翼善冠(イクソングァン)だ。国王や世子が日常生活で一番かぶる機会が多い冠だった。
形は時代によって違っていた。
たとえば、朝鮮王朝初期の国王がかぶった翼善冠はそれほど丈が高くなっていなかった。しかし、時代とともに冠が高くなり、朝鮮王朝後期の翼善冠は、とても高くなった上に、途中に段差をつけて形が複雑になっていた。権威を高めるために、それだけ形状が変化していったのである。
(ページ2に続く)

爽やかなパク・ボゴム!試練が与えた優しさ

パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは時代劇屈指のキャラクター!

パク・ボゴム!いま次回作が一番期待されている俳優

パク・ボゴムは『雲が描いた月明り』で「家族の絆」を実感!

パク・ボゴムがイ・ヨンを演じた『雲が描いた月明り』の重要な歴史解説!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る