世界遺産となった朝鮮通信使とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ユネスコの「世界の記憶」に、日韓の団体が共同で申請していた「朝鮮通信使に関する記録」が選ばれた。この朝鮮通信使とは、歴史的にどんな存在なのだろうか。友好の証であった使節の概略を見てみよう。

滋賀県の雨森芳洲庵にある朝鮮通信使すごろく。朝鮮通信使の経路がよくわかる

第1回目は1607年

朝鮮通信使は、徳川幕府と朝鮮王朝との間の善隣友好関係を象徴する使節であり、江戸時代を通じて合計12回にわたって来日している。
そのうちの10回は江戸に入府して、盛大に国書の交換が行なわれた。その儀式は幕府にとって「最高の格式」で取り行なわれており、幕府はことのほか朝鮮通信使に気を遣い、最大級の厚遇でもてなしている。




江戸時代の外交というと、とかく「鎖国」ばかりが強調される。事実、徳川幕府は日本人の海外渡航を禁止し、貿易面でも長崎と対馬において細々とした制限貿易が行なわれただけであった。
しかし、厳密な意味での鎖国ではなかった。日本と朝鮮王朝は正式な外交関係を結んでいたのである。
その象徴が朝鮮通信使だった。
第1回目は1607年に来日している。このときは、豊臣秀吉の朝鮮出兵によって険悪となった両国関係の修復のために訪れた。(ページ2に続く)

〔総集編〕韓国はなぜ日本の植民地になったのか

韓国は日本の植民地時代をどう生きたのか(前編)

韓国人が考える本当の「謝罪」について

韓国の哀しみは韓国にいないとわからない

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る