ユ・スンホの選択!早めに兵役を終えて俳優に全力投球

このエントリーをはてなブックマークに追加

「まだ早すぎる」という声も多かった

一般の人であれば20歳前後で兵役に入るのは普通のことなのだが、天才子役として名声を獲得していたユ・スンホが、俳優活動を中断して兵役に入ったというのは特別な意味を持つ。
実際、彼は2013年3月に現役兵として入隊し、軍務では新兵教育を担いながら2014年の12月に除隊している。




これは非常に稀なケースだった。最近の傾向を見ると、俳優であれK-POPのスターであれ30歳近くまで兵役を延期して、20代のときは芸能活動に専念するというのが当たり前になっているからだ。
確かに、ユ・スンホが19歳で兵役に入るとき、「まだ早すぎる」という様々なアドバイスを受けていたのだが、「僕の年齢で行くのは普通のことなのです」と意に介さず、そのまま兵役に入っている。
結局、彼は21歳で兵役を終えているので、その後は何の憂いもなく俳優活動に専念することができるようになった。2017年には『君主-仮面の主人』で卓越した演技力が称賛されている。(ページ3に続く)

検証!イ・ジュンギの兵役強制入隊とブラックリスト問題

輝かしい栄光をつかんだソン・ジュンギ

ソ・ジソブ/優しさと強さが共存する俳優

さすが哲人俳優コン・ユ!兵役に対して的確に指摘

ページ:
1

2

3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る