韓国で自転車に乗る人がとても少ない本当の事情

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

実際に韓国は日本や中国に比べて、自転車の利用が圧倒的に少ない国です。ソウルの街角を見ても、自転車に乗っている人をあまり見かけません。そこには、韓国らしい事情があるのです。

ソウルの大通りでは自転車に乗っている人をほとんど見かけない

自転車に不向きな道ばかり

韓国で自転車に乗る人が少ない理由を考えてみましょう。
1つ目は韓国の交通事情が関係しています。
経済発展にともない、韓国は完全に自動車優先の社会を築いてしまいました。それゆえ、自転車が街を走るのはとても大変なのです。




何よりも、大通りになると横断歩道が少なくなっています。この場合、自転車の走行を想定していない通りが本当に多いのです。
車道の下に作られた歩行者用の地下道も、入口には階段しかない場合が多く自転車は通れません。
また、歩道を利用する時でも、車が勝手に駐車してあったりバイクが走っていたりで、とても安心して走れる状況ではないのです。
このように、韓国では自転車の走行に向いていない通りがあまりに多すぎます。(ページ2に続く)

日本と違う韓国のビックリ(1)

日本と違う韓国のビックリ(2)

これは便利!韓国は出前天国

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る