コン・ユの誠実さを実感した思い出深いファンミ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』やドラマ『鬼<トッケビ>』で抜群の演技力を見せているコン・ユ。今いちばん勢いがある韓流トップスターだが、彼の魅力を日本で存分に味わう機会が過去に何度かあった。特に思い出深いのが2010年12月5日に横浜アリーナで開かれたファンミーティングだった。

2010年12月5日に横浜アリーナで開かれたファンミでファンに手をふるコン・ユ




肌の手入れ

2010年といえば、コン・ユが兵役を終えて芸能界に復帰した年だった。彼が復帰作に選んだのは映画『あなたの初恋探します』である。
2010年12月5日のファンミーティングでも、この映画の話題が多かったが、そのときのコン・ユとの一問一答を再現してみよう。
……どんな映画ですか?
「これは、ミュージカルを映画化したものです。たぶん、ご存じの方もいらっしゃると思うんですが、簡単に内容を説明します。初恋の相手を忘れられない1人の女性がいて、その女性が相手を一生懸命探しますが、それを助ける男性が出てきて、その中で繰り広げられるハプニングを愉快に描いています。ロマンチックコメディーですね」




……話の途中ですが、お肌がつるつるですね。
「除隊したあとに『老けた?』と言われるのが嫌なので、肌の手入れを一生懸命しています(笑)」(ページ2に続く)

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

コン・ユがいるから韓流がさらに味わい深くなる

さすが哲人俳優コン・ユ!兵役に対して的確に指摘

『鬼<トッケビ>(原題)』!百想芸術大賞で受賞ラッシュ

朋道佳のイチオシ15『鬼<トッケビ>(原題)』

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る