〔総集編〕韓国はなぜ日本の植民地になったのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

日韓併合ニ関スル条約

日本は1904年8月に第1次日韓協約を強要。大韓帝国は外交に関して日本と事前に協議することを求められました。
日本は日露戦争を有利に進め、1905年9月に日露講和条約が調印されました。その結果、ロシアは朝鮮半島から完全に追い出されたのです。
振り返ってみれば、日清戦争と日露戦争は日本が朝鮮半島の権益をめぐって清とロシアと争った戦争でした。その2つに勝利した日本は、もはや自在に朝鮮半島で支配体制を強化することができました。
1905年11月には第2次日韓協約が調印されました。日本は統監府を設置し、大韓帝国は外交権を奪われました。
あせった高宗は1907年6月にオランダのハーグで開催された万国平和会議に、日本の介入に対する不当性を訴える密使を送りました。




しかし、すでに大韓帝国は外交権を奪われて万国平和会議に出席する権利もなく、密使派遣は失敗に終わります。
高宗は日本の圧力によって7月19日に退位させられました。代わって27代王に就いたのは、高宗の息子の純宗(スンジョン)でした。
7月24日には第3次日韓協約が締結され、日本は大韓帝国の内政を掌握し、軍隊を解散させました。
そうした政策を積極的に進めたのが韓国統監を務めた伊藤博文でしたが、彼は1909年10月に安重根(アン・ジュングン)によって暗殺されました。
この事件によって日本は朝鮮半島の植民地化を急ぐようになり、1910年8月22日に日本と大韓帝国の間で「日韓併合ニ関スル条約」が調印されたのです。これによって、日本は朝鮮半島の統治権を完全に掌握しました。
朝鮮王朝は滅亡し、日本は統監府に代わって朝鮮総督府を設置して植民地統治を始めました。それは1945年8月まで続きました。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

韓国は日本の植民地時代をどう生きたのか(前編)

韓国は日本の植民地時代をどう生きたのか(後編)

康熙奉(カン・ヒボン)の「日韓が知るべき歴史1/明治維新編」

康熙奉(カン・ヒボン)の「日韓が知るべき歴史2/日韓国交回復編」

ページ:
1 2 3

4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
 ・東方神起の兵役
 ・イ・ミンホの兵役
 ・2PMテギョンの兵役
 ・スター兵役情報
 ・社会服務要員
 ・義務警察
 ・兵役の一般知識
●韓流スター
 ・東方神起
 ・防弾少年団
 ・スタートピックス
 ・スター物語
●ドラマ情報
 ・ドラマトピックス
 ・話題作
 ・「テバク」
 ・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝 
●歴史物語
 ・光海君/仁祖
 ・貞明公主
 ・時代劇の登場人物
 ・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
 ・コラム
 ・ヒボン式ハングル
 ・韓国のビックリ
 ・韓国情報
 ・韓国料理
●紀行/対談
 ・韓国紀行
 ・日本のコリアを行く
 ・対談
●ロコレ?/会社概要
 ・ロコレとは?
 ・会社概要

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の共通性を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る