義務警察の廃止はT.O.Pの問題とは関係がない

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国政府は2023年までに、義務警察を完全に廃止する方針を固めている様子だ。一部の報道では、義務警察の廃止はBIGBANGのT.O.Pの問題と関係があるかのように伝えているが、決してそうではない。そこには、根本的な問題があるのだ。

7BjoG1BQn6DtG4f1501205185_1501205224

必然的な流れ

そもそも義務警察は、1971年に創設された戦闘警察が母体になっている。この戦闘警察は、北朝鮮のスパイ摘発とデモの鎮圧を主な目的としていた。
戦闘警察から派生するかたちで1982年に義務警察が誕生し、兵役の代替制度として定着していたのだが、最近になってかなり事情が変わってきている。




1つは、本来の任務であった北朝鮮のスパイ摘発やデモの鎮圧がほとんど必要なくなってきている。確かに、昨年後半には朴槿恵(パク・クネ)大統領の退陣を要求する大規模なデモが発生しているが、そういう突発的な例を除けば、鎮圧が必要なデモはほとんどない。
実際、戦闘警察は2013年に廃止になっているし、義務警察が規模の縮小や廃止に向かうのは必然的な流れなのである。(ページ2に続く)

義務警察は本当に廃止されるのか

「芸能兵」はなぜ廃止されてしまったのか

新兵訓練を終えて義務警察に入るとどうなる?

義務警察の広報団!その服務の実態は?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る