人生を豊かにする珠玉の名セリフ2

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

一途に人を愛する姿をドラマの中で見いだすと、本当にうらやましくなります。そういうシーンを見る度に、「本当に幸せなのは、心から愛せる人を見つけたときだ」と思えてくるのです。

65257_46319_3650

◆『屋根部屋のプリンス』第20話

「生きていても死んで、死んでいても生きて、数百年後でもあなたを愛します」

一時の韓国ドラマには、主人公が過去と現在をタイムスリップする作品がとても多かったのですが、その中でも特に人気を集めたのが『屋根部屋のプリンス』でした。
ここで取り上げたセリフは、自らの命を犠牲にして世子のイ・ガク(ユチョン)を守ったプヨン(ハン・ジミン)が、最後の力を振り絞ってイ・ガクに宛てた手紙の中に書かれてありました。




一途な愛が描かれた場面に、涙した人も多かったでしょう。
何年経っても魂は生き続けます。
真実の愛は時が経っても変わることはないのです。
たとえ、姿形は変わろうとも魂はまた同じ人を求めてさまようのかもしれません。2人の真実の愛に、美しい輪廻転生を信じたくなります。(ページ2に続く)

「やっぱり韓流が好き!」

人生を豊かにする珠玉の名セリフ1

韓国時代劇にはなぜ女性主人公が多いのか

ズバリ!韓国ドラマにツッコミを入れてみる

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る