なぜ芸能人の兵役は厳しく見られがちなのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

かつて韓国の世論では、今ほど芸能人の兵役に厳しい目を向けていなかった。1990年代には、兵役に行っていない有名な俳優も結構いたほどだった。しかし、2000年以降に状況が変わってきた。

写真=韓国陸軍公式サイトより

写真=韓国陸軍公式サイトより

兵役免除率が違う

韓国の世論が兵役の履行に厳しい目を向けるようになったのは、2000年前後からである。
「特権階級の子息の場合、兵役の免除率が30%を超える」
そういう事実がテレビ局で報道されるようになってからだ。
一般の男子の兵役免除率は5%と言われている。




それなのに、国会議員・財閥役員・高級官僚などの息子になると、免除率が30%を超えるという。
つまり、特権階級が地位を利用して意図的に息子の兵役をのがれているという不公平な実態が明るみになって、国民が兵役の履行に厳しい目を向けるようになったのだ。
その中で、芸能人の兵役が目立つようになってきた。(ページ2に続く)

ソ・イングクが受けた兵役判定の「5級」とは何か?

チョン・イルの兵役!社会服務要員として模範を示す

ユ・アインの兵役免除について

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る