多才なチャン・グンソクは俳優から監督をめざすのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

さらなる頂上をめざして

クリント・イーストウッドとロバート・レッドフォードは特別な成功例である。実は、多くの俳優が監督にチャレンジしてきたが、俳優を上回る実績を監督として挙げた例はあまりない。
それほどに俳優が監督に進出するのは難しいのである。
しかし、先例を考えてひるむようなチャン・グンソクではないだろう。彼は、夢の実現のために全力を注ぐタイプだ。いずれはかならず商業的な劇場公開用の映画にトライするに違いない。




しかし、今はまだまだ準備の時期だ。今以上に多彩な役を演じながら、「表現とは何か」ということをもっと探求する必要がある。
現実的には、40代になってから「勝負の時期」が来ると思われる。
それまでは、俳優として多くの有能な監督と組みながら、その演出スタイルを肌で感じて生かしていくことだ。それによって、チャン・グンソクはさらなる頂上をめざしていけるのだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

『偉大なる遺産』を監督したチャン・グンソクの手腕は?

数えで30代になったチャン・グンソクに贈る言葉

韓流スターが自ら代表作を熱く語る2「チャン・グンソク編」

チャン・グンソク主演『テバク~運命の瞬間(とき)~』の時代背景がわかる!

ページ:
1 2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る