朝鮮王朝おもしろ人物列伝(金宗瑞〔キム・ジョンソ〕編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

第42回 “虎”と称されるほど勇猛だった男

金宗瑞(キム・ジョンソ)といえば、首陽(スヤン)大君が6代王・端宗(タンジョン)に圧力をかけていたとき、その端宗を守り抜こうとした男だった。今でも「忠臣の鑑(かがみ)」として記憶されている。

次代の王を補佐できる逸材

元来、金宗瑞は朝鮮王朝最高の聖君と称された4代王・世宗(セジョン)に見出された逸材である。その金宗瑞を育てたのが、朝鮮王朝の建国時から政治家として活躍した黄喜(ファン・ヒ)だった。
世宗は黄喜に絶大な信頼を寄せていた。しかし、老年の黄喜が長く王政を補佐するのは難しいと考えていた。




なにしろ、黄喜は1363年の生まれだった。1397年生まれの世宗よりも34歳も年上なのである。
朝鮮王朝の長い安泰をめざした世宗は、黄喜に自分の手足となる後継者をつくらせて、その後継者に次代の王を補佐させようとした。
黄喜が目をつけたのは、背は小さいが勇敢で頭も切れる金宗瑞だった。(ページ2に続く)

『王女の男』の史実解説!非道な世祖(セジョ)と悲劇の端宗(タンジョン)

https://goo.gl/qTzExL

世宗(セジョン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝6
https://goo.gl/8oYdwF

文宗(ムンジョン)の不覚!朝鮮王朝の重大な事件簿8
https://goo.gl/u3a4zu

端宗(タンジョン)/朝鮮王朝おどろき国王列伝8
https://goo.gl/7GztJ9

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る