豪華キャスト!『お父さんが変』で注目の3人の俳優

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国KBSの『お父さんが変』が絶好調で、視聴率が30%を超えている。親子の葛藤をユーモラスに描いたホームドラマは『ソル薬局の息子たち』『母さんに角が生えた』など鉄板のジャンルだが、『お父さんが変』がここまで面白いのは、3人の個性的な俳優が光っているからだ。

ダウンロード.jp

キム・ヨンチョルの声にしびれる

ここで紹介したい3人とは、キム・ヨンチョル、キム・ヘスク、イ・ユリだ。
夫婦を演じているのがキム・ヨンチョル(ハンス役)とキム・ヘスク(ヨンシル役)で、娘のヘヨンに扮しているのがイ・ユリだ。
まずはキム・ヨンチョルから。




『王女の男』で世祖(セジョ)を演じた彼の重厚な演技が忘れられない。胸に秘めた特別な思いを顔の表情で見せるときの演技力がピカイチだ。
『お父さんが変』でのハンス役も、死ぬまで明かせない重要な秘密を抱えているという設定。こういうキャラクターをキム・ヨンチョルにまかせればピッタリである。
さらに、彼の持ち味で惚れ惚れするのが、よく響く低音の声。彼のドラマを見るときは、ぜひ字幕で生声をじかに聞きたい。(ページ2に続く)

韓国時代劇にはなぜ女性主人公が多いのか

話題作『7日の王妃』の歴史背景が面白い

ズバリ!韓国ドラマにツッコミを入れてみる

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る