『鬼<トッケビ>(原題)』!百想芸術大賞で受賞ラッシュ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国で権威がある百想芸術大賞の第53回の授賞式がソウルで5月3日に行なわれ、テレビ部門で『鬼<トッケビ>(原題)』が主要な賞を次々に獲得した。同ドラマの作品性のすばらしさが高く評価されたのである。




感激したコン・ユのスピーチ

百想芸術大賞は映画部門とテレビ部門に分かれているが、テレビ部門の大賞を獲得したのが、『鬼<トッケビ>(原題)』の脚本を書いたキム・ウンスク作家だった。
彼女は、『パリの恋人』『シークレットガーデン』『太陽の末裔』といった超話題作を執筆してきた人気の脚本家。今回の大賞を受賞したことで、韓国で随一の脚本家であることが証明された。
そして、男性最優秀演技賞に輝いたのが、『鬼<トッケビ>(原題)』の主演のコン・ユだった。
彼は最大の栄誉を受けて、会場でこうスピーチした。




「この場に立つのが怖かったのです。いろいろな人生を生きてきましたが、混乱しています。果たして自分は誰で、どこに行くのか」
「重くて大きい賞は、弱い私に対して、『しっかりせよ』『もう躊躇せずさまような』と言っているかのようです」
コン・ユは本当に感激した表情だった。(ページ2に続く)

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

『トッケビ』のコン・ユ&キム・ゴウンの主役カップルに拍手!

『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

『トッケビ』で見せたコン・ユとイ・ドンウクの競演に魅せられた!

コン・ユが導く『トッケビ』の世界が人間の生死を乗り越えていく

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る