韓流スターは除隊のときに何を語っていたか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓流スターは何度も記者会見に出てくるので、その発言が公になることがとても多い。中でも、長い兵役を終えて除隊したときには、その言葉に特別な重みがある。これまでに除隊した人たちは、果たして何を語っていただろうか。

q8v9fIU2HtANbwC1492566001_1492566039

実感した3つのこと

現役兵の場合、兵役期間は21カ月である。
これが、長いのか、短いのか。
感じ方は人それぞれだろうが、韓流スターの場合は除隊のときに特に3つのことをしみじみ実感するという。




1つ目は、再び芸能の世界に復帰できる喜び。
2つ目は、苦しい兵役期間を乗り越えて身につけた自信。
3つ目は、ファンに支えられてきたという感謝。
以上の3つを胸いっぱいに感じながら、韓流スターは晴れ晴れと除隊してくる。
そのときに、彼らは何を語っていたか。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る