[再掲載]『華政』歴史背景!光海君(クァンヘグン)と仁穆(インモク)王后の対立

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国時代劇『華政』の歴史的な背景を見てみよう。光海君と仁穆王后の対立は、なぜ起こったのだろうか。そこには、厳しい王位継承問題がからんでいた。

38101_74474_1158

側室から生まれた2人の王子

14代王・宣祖(ソンジョ)は異質な王であった。
それ以前の13人の王が嫡子(王の正室が産んだ王子)の系統であるのに対し、宣祖は王の庶子(王の側室が産んだ王子)の系統であった。
具体的に言うと、宣祖は11代王・中宗(チュンジョン)の側室が産んだ王子の子供なのである。




自分が庶子の系統であったので、宣祖は世子(セジャ/王の正式な後継者)をぜひ嫡子にしたいと願っていた。
しかし、宣祖の正室であった懿仁(ウィイン)王后には子供ができなかった。
仕方がないので、宣祖は側室の恭嬪(コンピン)・金(キム)氏が産んだ2人の王子……長男の臨海君(イメグン)と二男の光海君に期待せざるをえなかった。(ページ2に続く)

貞明(チョンミョン)公主の生涯1!『華政』(ファジョン)の主人公

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

光海君(クァンヘグン)!再評価される暴君

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(仁穆〔インモク〕王后編)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る