仁祖(インジョ)の生涯3!綾陽君(ヌンヤングン)の即位

このエントリーをはてなブックマークに追加

第3回 仁祖の策略

1645年4月、仁祖の長男の昭顕(ソヒョン)は長い人質生活から解放されて8年ぶりに母国に帰ってきたのに、わずか2カ月で急死してしまった。その遺体は毒殺されたかのように黒ずんでいたという。

hjEUR3KPQi7b0os1487809977_1487810008

策士のように動いた悪女

昭顕の妻であった姜(カン)氏が一番に疑ったのが、医官の李馨益(イ・ヒョンイク)だった。
李馨益は、急病に陥った昭顕に鍼治療を行なった人物だ。しかし、彼は仁祖の側室であった趙(チョ)氏と親しい間柄だった。




なにしろ、李馨益は趙氏の実家にひんぱんに出入りしていた。当然ながら、趙氏の意向に沿った動きができる医官であった。
趙氏といえば、単に仁祖の側室であるだけではなかった。むしろ、仁祖の背後で策士のように動いた悪女であったのだ。
姜氏が疑いを持つのも当然だった。(ページ2に続く)

貞明(チョンミョン)公主の生涯1!『華政』(ファジョン)の主人公

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(16代王・仁祖編)

朝鮮王朝おどろき国王列伝3/仁祖〔インジョ〕

綾陽君(ヌンヤングン)とは誰なのか?『華政(ファジョン)』の登場人物

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る