仁祖(インジョ)の生涯3!綾陽君(ヌンヤングン)の即位

このエントリーをはてなブックマークに追加

第3回 仁祖の策略

1645年4月、仁祖の長男の昭顕(ソヒョン)は長い人質生活から解放されて8年ぶりに母国に帰ってきたのに、わずか2カ月で急死してしまった。その遺体は毒殺されたかのように黒ずんでいたという。

hjEUR3KPQi7b0os1487809977_1487810008

策士のように動いた悪女

昭顕の妻であった姜(カン)氏が一番に疑ったのが、医官の李馨益(イ・ヒョンイク)だった。
李馨益は、急病に陥った昭顕に鍼治療を行なった人物だ。しかし、彼は仁祖の側室であった趙(チョ)氏と親しい間柄だった。




なにしろ、李馨益は趙氏の実家にひんぱんに出入りしていた。当然ながら、趙氏の意向に沿った動きができる医官であった。
趙氏といえば、単に仁祖の側室であるだけではなかった。むしろ、仁祖の背後で策士のように動いた悪女であったのだ。
姜氏が疑いを持つのも当然だった。(ページ2に続く)

貞明(チョンミョン)公主の生涯1!『華政』(ファジョン)の主人公

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(16代王・仁祖編)

朝鮮王朝おどろき国王列伝3/仁祖〔インジョ〕

綾陽君(ヌンヤングン)とは誰なのか?『華政(ファジョン)』の登場人物

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る