朋道佳のイチオシ13『空港に行く道』

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

久しぶりに、とても品格のある純愛ドラマに出会いました。既婚男女が織りなす、不倫でもなく友情でもない極上のロマンスを描いた、イ・サンユンとキム・ハヌル主演の『空港に行く道』。しっとりとした大人の純愛ラブストーリーです。

20160905_003030

主人公スアの毎日

既婚女性はもう、誰にも心をときめかせてはいけないのでしょうか。
毎日、家事をして、仕事をして、子育て、あるいは介護をして、どうして自分はこんなに狂ったように忙しく生きているのか、とふと思ったりすることはありませんか。




主人公のスア(キム・ハヌル)もそんな日々を過ごしていた女性でした。客室乗務員のスアは夫であるジンソク(シン・ソンロク)と共働きをしながら一人娘を育てています。その一人娘を海外に留学させたことをきっかけに、スアはドウ(イ・サンユン)と出会うことになります。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る