今も昔も権力を裏で操る魔性の女性がいた!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

大統領の弾劾にまで発展した崔順実(チェ・スンシル)事件。崔順実は、裏で権力を操る快感に酔いしれた結果、重大な犯罪をおかすに至った。彼女を見ていると、朝鮮王朝の光海君(クァンヘグン)の時代に暗躍した金介屎(キム・ゲシ)をふと思い出してしまう。

韓国時代劇『王の女』ではパク・ソニョンが金介屎(キム・ゲシ)に扮していた

韓国時代劇『王の女』ではパク・ソニョンが金介屎(キム・ゲシ)に扮していた

熾烈な後継者争い

金介屎は「悪の女官」の代名詞である。
彼女はもともと、幼い頃に王宮に入って見習いの女官になった。
成人後の金介屎は、14代王・宣祖(ソンジョ)に直接仕えた。文書の扱いが巧みなことを評価されたのだ。それだけ頭脳が明晰だった。
当時、宣祖の後継者争いが熾烈だった。




候補者は、宣祖の側室が産んだ長男の臨海君(イメグン)と二男の光海君(クァンヘグン)、そして、宣祖の継妃となった仁穆(インモク)王后が1606年に産んだ永昌(ヨンチャン)大君だった。
宣祖が長く生きていれば、次代の王には永昌大君がなっていただろう。やはり、正室が産んだ嫡男は、側室が産んだ庶子よりも後継者争いで有利なのである。
しかし、1608年に宣祖が急死してしまった。そのとき、永昌大君はわずか2歳。この年齢で王に即位するのは無理だった。(ページ2に続く)

昔も今も「陰の女帝」が出ると国が乱れる

朴槿恵大統領弾劾!崔順実という怪物の恐ろしさ

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る