空白の7時間!朴槿恵大統領は何をしていたのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2014年4月16日に起きたセウォル号沈没事故。多くの犠牲者が出た悲惨な事故だったが、当日の朴槿恵(パク・クネ)大統領の動静に7時間の空白がある。切迫した救助活動が行なわれていた時間に、果たして朴槿恵大統領は何をしていたのだろうか。

http___img_sbs_co_kr_newimg_news_20130323_200652657

国家安全保障室長の証言

崔順実(チェ・スンシル)事件の解明のために設けられた国会の国政調査特別委員会は12月14日にも聴聞会を開き、事故当時の国家安全保障室長だった金章洙(キム・ジャンス)氏が出席した。その発言をもとに当日の状況を整理してみよう。
事故が起きた後の午前10時に、金章洙氏は朴槿恵大統領に書面で事故のことを報告した。すると、15分後に朴槿恵大統領から金章洙氏に電話があり、「人命被害が発生しないように!」との指示があった。




朴槿恵大統領からの電話は10時22分にもあった。その8分後に、彼女は海洋警察庁長にも直接電話をかけている。
しかし、それから正午までの動静がまったくわからない。(ページ2に続く)

韓国ドラマ風に言う!復讐に失敗した朴槿恵大統領

序列社会の秩序を崩壊させた朴槿恵大統領の大罪

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る