残り4カ月!JYJのジェジュンが兵長になる

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2015年3月31日に兵役入りして第55師団の軍楽隊に配属されたジェジュン。除隊は今年の大晦日で、残りは4カ月となった。階級も9月からはいよいよ兵長になって、最後の軍務に励むことになる。

sub06020300_pic04

陸軍の兵長の階級章

給料が上がり成長を実感できる

陸軍では21カ月の兵役期間の中で、二等兵(3カ月)→一等兵(7カ月)→上等兵(7カ月)→兵長(4カ月)と、4段階の階級を昇格していくことになっている。

ジェジュンの場合は上等兵を終えて、9月から兵長になる。

兵長になると、何が違ってくるか。




わかりやすい点から説明すると、給料が上がる。2016年の基準では、上等兵の月給は17万8000ウォン(約1万7800円)だが、兵長になると19万7100ウォン(約1万9710円)になる。

大スターから見ればわずかな金額だが、兵役期間中に給料が上がるというのは、自分の成長がわかってきて気分がいい。

さらに言えば、兵長は職業軍人以外の兵役軍人の中では階級が最上位になるわけで、兵役も確実に最終段階に到達していることを実感できる。その喜びは、兵長になった経験がある人でないとわからないかもしれない。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る