康熙奉(カン・ヒボン)の「日韓が忘れてはいけない人8」

このエントリーをはてなブックマークに追加

第8回/李秀賢(中編)

2001年1月26日にJR新大久保駅で、線路に落ちた人を助けようとして電車にひかれて亡くなった李秀賢(イ・スヒョン)さん。私(康熙奉〔カン・ヒボン〕)が、釜山(プサン)にある李秀賢さんの実家を訪ねたのは、2001年2月7日だった。事故から12日が経っていた。

李秀賢さんはマウンテンバイクが大好きだった

李秀賢さんはマウンテンバイクが大好きだった

息子を信じた母親

母親の辛閠賛(シン・ユンチャン)さんは、最愛の息子である李秀賢さんについてこう語った。

「大学生の頃から息子は将来のことをいろいろと考えていました。ただ、息子は普通のサラリーマンのように、定時に出勤して決まった仕事をやっていくタイプではなかった。何か大きな夢を持っていたのです。大学4学年のときに日本に留学したいと言いだしても、不思議ではなかったですね。私は一時期日本語を勉強したことがあるんです。当時の韓国では日本に対して強い反感がありましたけど、私は日本に悪い感情を持っていなかった。なんといっても、日本はアジアの中でもいちはやく発展した国ですし、韓国が学ぶことが多い国だと思っていました。そういうこともあって、私は日本語を勉強して将来に役立てようと思っていたんです。結局、日本語の学習を続けられませんでしたが、教科書をずっと持っていて、秀賢もその本を多分見たと思います。それで日本語に興味を持ったのかもしれません」




李秀賢さんは名門私学の高麗(コリョ)大学で貿易を学び、将来はスポーツ・マーケティングに進みたいと考えていた。

「秀賢は必死に自分のやりたい分野について説明してくれました。秀賢はとにかく『日本で本当に一生懸命にやります』と言っていました。あの子には、どんな仕事でもやり抜く強い意思がありました。息子を信じよう、と私も夫もそう思いました。秀賢は日本で何を学んで何を身につけてくるか。それを大いに期待して私たちは秀賢を日本に送り出したのですが……」(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る