夏こそ行きたい!韓国南部の旅7

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本から珍島に嫁に来た女性

4時半が近くなってきた。バスの時間なので礼を言って観光案内所を出ようとしたら、思いがけず男性から「この観光案内所も4時半に閉めますが、その時間に妻が車で迎えにくるんですよ。バスターミナルまで送りますから、一緒に行きましょう」と声をかけられた。申し訳ないので辞退したが、「妻は日本人だから話も合いますよ」としきりに勧められる。結局、奥さんに対する興味もあり、申し出をありがたく受けた。

ハラボジが一足先に帰り、私と男性が観光案内所の前に立っていると、1台の軽自動車がやってきた。奥さんが時間どおりに迎えに来たのだ。

男性は私を「日本から来た人です」と奥さんに紹介した。すると彼女は「やっぱりね。立っている姿を見ただけで、そうじゃないかと思ったわ」と言って笑った。

私もつられて笑った。照れ笑いである。肩をすぼめて立っていた自分の心細さを見透かされてしまったと思えたのだ。

確かに、韓国の男性は、立ち姿がふてぶてしい。周囲に隙を見せずに威風堂々と立つという習性が身についているのだ。その姿からすれば、私の立ち姿は隙だらけだったことだろう。




奥さんはそこのところをよく見ていた。快活な30代の女性で、話しっぷりも活きがいい。彼女が運転する車に乗りながら、珍島の話をいろいろ聞かせてもらった。

元々は山梨県の出身で、今は珍島の役所で働いているとのことだった。日本から珍島の民俗を研究に来る人たちの案内もしていると言っていた。地元にすっかり溶け込んでいる様子だ。

バスターミナルに着いたとき、なるべく入口の近くに停車するために、男性は奥さんに対して急なUターンを命じた。

「ここでUターンしろって? これだから韓国人は……」

あきれた顔で奥さんが日本語で言ったが、そのニュアンスが妙におかしかった。無理なことを平気で命じる癖が韓国人にある、という意味合いのようだった。それは、彼女が韓国の地方で暮らしてきた中で身に沁みた実感なのだろう。

2人に感謝して、気持ちよく車を降りた。

(第8回に続く)

文=康 熙奉(カン ヒボン)

出典=「韓国のそこに行きたい」(著者/康熙奉 発行/TOKIMEKIパブリッシング)

ページ:
1 2 3

4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る