数えで30代になったチャン・グンソクに贈る言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

チャン・グンソクの生年月日は1987年8月4日。満で29歳になったが、韓国は年齢を数えで言うので、彼もいよいよ30代に入った。自分の年齢についてどんな感慨を持っているのだろうか。

dcVLv7u_DiKsDgk1470192938_1470192984

自覚を持って臨んだ『テバク』

すでにチャン・グンソクは半年前から「自分は30代」という意識を持っていた。

3月に開かれた『テバク』の制作発表会でも、彼は「30代最初の作品として全力を注ぎたい」と語っていた。

つまり、チャン・グンソクとしては、自分が30代であるという自覚を持って『テバク』の撮影にずっと臨んでいたのである。

日本から見れば、「ちょっと気が早いのでは……」と思えたのだが、彼は悠長に構えていなかった。「大人の30代にふさわしい作品にしたい」という意識がかなり強かったのだろう。




数字で見れば、『テバク』の最終回は視聴率10.0%で終わった。ドラマの評価の仕方は様々にあるが、ビジネス上では最も重要とされる視聴率で、主役のチャン・グンソクは最後に2ケタの数字を獲得した。地上波だけでなくケーブルテレビも加わって視聴率競争が激しい中で、その数字は及第点と言ってもいい。

もちろん、手放しで満足はしていなくても、本人はおそらくホッとしていたのではないだろうか。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る