康熙奉(カン・ヒボン)の「日韓が忘れてはいけない人2」

このエントリーをはてなブックマークに追加

第2回/浅川伯教・巧(後編)

浅川兄弟の弟の巧(たくみ)は、1891年(明治24年)に生まれた。兄の伯教(のりたか)より7歳下である。山梨県立農林学校を卒業し、秋田県の営林署に勤めて植林の仕事に従事した。彼はいつも「山野、木、草、水、虫を友としていたい」と語っており、自然を大切にする気持ちを終生持ち続けた。

浅川伯教・巧兄弟資料館の入口

浅川伯教・巧兄弟資料館の入口

禿山の改善に尽力

1914年、巧は23歳のときに兄を頼って朝鮮半島に渡ることを決意する。兄弟仲がとても良かったので、兄から朝鮮半島の暮らしを聞いて大いに興味をかきたてられた。同時に、「大陸」という悠久の大地へのあこがれもあった。

日本の植民地統治の総本山ともいうべき朝鮮総督府。その農商工務部山林課で巧は働くようになった。以後、林業技術者として手腕を発揮する。




彼は、当時の技術で非常に難しいとされていたチョウセンカラマツとチョウセンマツの養苗を成功させている。

巧の夢は禿山が多かった朝鮮半島の大地を青くすることだった。彼が開発した技術は、禿山の改善に大いに役立った。

同時に、巧は朝鮮の民衆が愛用する工芸品の収集・研究にも力を注いだ。その中でも特に膳に興味を持った。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る