チャン・グンソク!決断の真夏

このエントリーをはてなブックマークに追加

b3BXQtXiQCIBuqc1469171664_1469171738

一喜一憂の20代

8月4日で満29歳のチャン・グンソク。韓国では数えで年齢を示すので、本人には「いよいよ30代に入った」という自覚があるだろう。

大きな節目である。

10年前もそうだった。2006年の8月。数えで20代に入ったチャン・グンソクは、その夏には、秋から放送が始まる『ファン・ジニ』に備えていた。子役から芸歴を重ねた彼は、『ファン・ジニ』でハ・ジウォンを相手に純粋で激しい愛を演じきり、「大人の俳優」として一気に評価を高めた。




あれから10年。絶大な人気を博した『美男<イケメン>ですね』があれば、低視聴率で終わったドラマもあった。一喜一憂の20代だったといえるだろう。

そして、数えで30代を迎える今年……ドラマ『テバク』で本格派時代劇の堂々たる主役を演じた。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る