兵役に行っている超新星の4人の現況は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

本来は6人でグループを組む超新星だが、現在はゴニル、ソンモ、グァンス、ジヒョクが兵役中になっている。この4人がすべて兵役を終えて、6人がグループとして活動可能になるのは、2018年の夏か秋になると推定される。

写真=韓国陸軍公式サイトより

写真=韓国陸軍公式サイトより

それぞれの兵役入り

超新星の中では、ユナクとソンジェがすでに兵役を終えている。この2人がソロ活動を中心に行ないながら、兵役中の4人が戻るのを待つことになる。

それでは、順に各人の状況を見てみよう。

ゴニルは4月26日に、第3師団の新兵教育隊に入隊した。ここで5週間の新兵訓練を行ない、6月2日に新兵訓練を終えた。超新星の日本公式サイトによると、ゴニルは軍楽隊に配属されたようだ。




軍楽隊については、後に説明しよう。

ソンモは、4月28日に論山(ノンサン)にある陸軍訓練所に入隊し、4週間の新兵訓練を受けている。5月27日に陸軍訓練所を退所して、現在はソウル市内の役所で兵役の代替勤務をしているという。

つまり、社会服務要員になったということだ。

康熙奉の講演会「朝鮮王朝の歴史と人物」はこちらです。

(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る