日本と違う韓国のビックリ25

このエントリーをはてなブックマークに追加

文を尊ぶ風潮が強い韓国

韓国の新聞で特に面白いのが広告。日本の新聞とは様相が違う。たとえば、占い師が顔写真付きでズラリと並ぶ広告はまさに壮観だ。

「この人は、あまり当たりそうもない」

顔で判断されるのだから、占い師もたまったものではない。しかし、占いとは、本来そういうものかもしれない。

振り返れば、『冬のソナタ』を契機に日本で韓流ブームが起きた頃、韓国の新聞社をかなり回った経験がある。写真や古い記事を入手するうえで記者たちに随分お世話になったが、多くの記者に会って感じたのは、「特権意識が強い。プライドが高い。知識欲が凄い」ということだった。




朝鮮王朝以来の伝統で文を尊ぶ風潮が強い韓国では、作家や新聞記者のように文章を書く人は一目置かれる。必然的に、韓国の新聞社に勤めていればプライドも相当高くなる。けれど、ただ自尊心が強いだけではない。学識が高くて、物事をよく知っている。そのうえでの自尊心なのである。

今は韓国の新聞を取ることをやめてしまった。

寂しい気持ちもある。『朝鮮日報』にしても『東亜日報』にしても、あれだけのページ数をめくるだけでも大変な作業だったが、今は、アクが強い記者の独断による論調を読めなくなってしまった。

そうなってみて気づいたのは、「韓国の新聞にオピニオン欄が多いのは、それを読者が望んでいたから」ということだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

日本と違う韓国のビックリ26

日本と違う韓国のビックリ(1)

日本と違う韓国のビックリ27

日本と違う韓国のビックリ28

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る