6月9日に入隊する超新星グァンスとジヒョクの今後は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

超新星のグァンスとジヒョクがともに6月9日に韓国中部の論山(ノンサン)にある陸軍訓練所に入隊することになった。超新星のメンバー6人の中では最後の兵役入りとなる。果たして、今後はどういうスケジュールになるのだろうか。

DSC_9728

それぞれの兵役

最近は、超新星の兵役に関するニュースがたくさん報道されている。

4月28日に論山の陸軍訓練所に入隊したソンモは、4週間の新兵訓練を終え、今後は社会服務要員としてソウル市内の役所で勤務することになった。

4月26日に第3師団の新兵訓練隊に入隊したゴニルは5週間にわたる新兵訓練の最終段階を迎えている。

さらに、一昨年に入隊してソウル地方警察庁の広報団に所属していたソンジェが、5月27日に兵役を終了し、その夜にはソウルでファンミーティングを開いている。




「これからユナクと2人でうまくやっていけるかプレッシャーもありますが、心は通じると信じています」

ファンミーティングでそう語ったソンジェは、今後も全力で活動していくことをファンに誓った。

そして、今度はグァンスとジヒョクの兵役入りが決まった。2人は論山の陸軍訓練所でどんな日々を過ごすのだろうか。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る