東方神起ユンホが所属する軍楽隊のすべて(中編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

木管楽器と金管楽器

軍楽隊である以上、重要なのが楽器の編成である。それでは、師団に所属する軍楽隊には、どんな楽器の担当者がいるだろうか。

具体的に見ていこう。

●木管楽器

かつては木で作られていたが、今はかならずしもそうではない。楽器の分類で言うと、「金管楽器以外の管楽器」という意味で使われることが多い。

通常の軍楽隊では、木管楽器の中ではクラリネット、フルート、ピッコロ、サクソフォーンなどが編成される。

そして、木管楽器は全体で10人前後が編入されるのが一般的だ。

この中で人数が多いのがクラリネットとサクソフォーンである。




●金管楽器

主に真鍮(ブラス)で作られているが、唇の振動で音を出す楽器であって、金属でできているかは関係がない。

通常の軍楽隊では、金管楽器の中ではトランペット、トロンボーン、ユーフォニアム、チューバ、スーザフォンなどが編入される。

金管楽器は全体で12人前後で編入されるのが一般的だ。

この中で人数が多いのがトランペットとトロンボーンである。
(ページ4に続く)

東方神起ユンホが所属する軍楽隊のすべて(後編)

兵役で芸能人がよく所属する軍楽隊とは何か(再読版)

これだけは知っておきたい「兵役の基本」!

兵役に入ったスターがイジメを受ける心配は?

芸能人の兵役が気になったらまず知るべき基本知識!

ページ:
1 2

3

4

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る