陸軍で一番有名な現役兵となった東方神起ユンホ

このエントリーをはてなブックマークに追加

師団長とのツーショット

8888

ユンホが陸軍の特級戦士に選ばれたとき、それを伝える記事にはかならず、師団長と並んで写っている写真が公開された。

この写真を見て、私(康熙奉〔カン・ヒボン〕)はかなり驚いた。なぜなら、師団長といえば、現役兵から見て雲の上の人。いつもなら遠くから仰ぎ見るだけなのである。

その「雲の上の人」と並んで写真におさまったユンホ。これはもう特別な存在になったと言っても過言ではない。

陸軍の公式サイトのトップページには、目立つ個所にユンホが特級戦士に選ばれたというニュースが掲載された。もちろん、ユンホが所属する第26師団の師団長とのツーショット写真も添えられている。この写真をじっくり見ると、かなり用意周到に撮られた広報写真であることがわかる。




2人の背景にあるポスターには、韓国語で「世界最高の機械化師団」と書かれている。「世界最高」と自負するところに、第26師団のブライドの高さがうかがえる。

師団長はユンホと一緒に賞状を持って立っている。同じ軍服を着ているが、長身のユンホと並んで立っても、身長のうえでは遜色がない。見た目の通り、師団長はなかなかの長身である。

名前はシン・イノ。階級は少将である。つまり将軍だ。

シン・イノ師団長の経歴が凄い。陸軍本部秘書室長、青瓦台(大統領官邸)国家安保室危機管理秘書官を経て、昨年4月に第26師団の第36代師団長に就任している。師団長の任期は2年ほどなので、来年の春までにはこのまま師団長を務めるだろう。ちょうどユンホが除隊する頃に師団長を退任するのではないかと思われる。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る