韓国の視聴者は『テバク』に何を期待しているか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

主人公は李麟佐?

前半の放送が終わった『テバク』。物語を大きく動かしていたのはチョン・グァンリョルが演じた李麟佐(イ・インジャ)だった。

そのことは韓国の視聴者も強く意識していたようだ。

それは、次のような意見にも表れている。

「チェ・ミンスさんの役割が大きいですね。全体的にストーリーの均衡がしっかり取れています。ところで、李麟佐が主人公のように見えますが……」

「いつも面白く見ていますけど、主人公の場面が少なくなって、李麟佐の場面がとてもたくさん増えていますね」




「李麟佐の計画は、とんでもないですね。身分制廃止までいくというのは、完全に朝鮮王朝自体をひっくり返すことになります。いっそのこと、王族の血筋である李麟佐自身が王座に座ればいいのかも」

他にも、王宮の中の権力闘争に注目する意見も多かった。

「主な内容は王権に関するストーリーのようですね。ただし、テギルを王に擁立するためには、宮中のストーリーを先にしっかり描かないといけません。景宗(キョンジョン)とヨニングンの対立をもう少し詳しく見せるのが良いでしょう。景宗とヨニングン。2人の演技がとてもいいので、物語にさらに惹かれていきます」

異母兄弟である景宗とヨニングンの王位争いも、『テバク』の後半でヒートアップしていくことだろう。
(次ページへ)

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る