すばらしき名優の系譜 第1回 チェ・ミンス

このエントリーをはてなブックマークに追加

『テバク』で粛宗(スクチョン)を演じる国民俳優

チェ・ミンスは「カリスマ」と称されることが多い。そんな彼は、1962年5月1日に生まれた。父親は1960年代最高のスターであり大俳優のチェ・ムリョン。母親もミスコリア出身のカン・ヒョシルという有名な女優。まさにチェ・ミンスは芸能界の典型的なサラブレッドだった。

存在感はまるで「チェ監督」

Ãֹμö±âÀÚȸ°ß./2003.9.29.¸Þ°¡¹Ú½º=Á¤Àç±Ù±âÀÚ cjg@

チェ・ミンスが、本格的に芸能活動に専念したのは、俳優を数多く輩出しているソウル芸術大学放送芸能学科を卒業した後だった。

1986年に『神の息子』で映画デビューを果たし、以後は何編かの映画を通して演技力を評価され、独自の俳優活動を繰り広げた。

そんな中で、なんといっても最高の話題を集めたのが、1995年のドラマ『砂時計(モレシゲ)』だった。当代最高のキム・ジョンハク監督に見込まれ、恵まれた制作環境の中で、チェ・ミンスは俳優として新境地をひらいた。このドラマでは、「俺、震えてるかな?」の名セリフで強烈なインパクトを残した。そして、またたくまに1990年代最高のスターとなった。




すべてに情熱的な彼の性格は、作品に対する高い意識からも十分にうかがうことができる。しかも特筆すべきは、彼が制作スタッフから「チェ監督」と呼ばれていることだ。

彼は単純に俳優として演技するだけでなく、カメラの位置、照明、音響に至るまで細部までチェックする。

俳優の越権行為と思われがちだが、これが本来の彼のスタイルなのだ。このような姿にむしろ制作陣が彼の言葉に耳を傾けることが多い。

一部のスタッフの間から「チェ・ミンスさんが制作現場にいなければ不安で仕方がない」という声も出るほど、彼は撮影現場で信頼されていた。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る